.

クレジットカードを店頭において利用する時にもれなく体験があるのではないかと思いますが、スタッフが未熟なことでどちらの紙を客へ対して渡したら良いのか迷うときがおありかと思います。といいますのも、クレジットカードを処理すると機械から3枚の明細レシートが発行されるからでしてこのうちのどの1枚を利用者の方に渡すのかわからないということがあります。複数の利用レシートの内容)上記の3枚の使用明細の内容とは何かについての概要は、下記のようになります。1お客さんへ渡す明細。2店舗で保管する使用レシート。3カード会社控え紙(記名をするレシート)。本来は当然利用者側へ渡すべき明細レシートを渡すものですが時として、別の使用明細をお客さんへ誤って渡すようなというパターンの他記名した明細レシートを渡してしまうというケースすら存在するのです。このようなパターンはバイトの人に対してや普段からカードというものが利用されることの少ないショップの会計にてクレジットカードを利用すると、このようなスタッフの迷いというものが拝見することが出来ると思います。いつかスタッフが誤った紙を提示して時にはどうぞ「こちらは違いますよ」などと教育してあげてほしいものです。

Copyright (c) 2000 www.briannamerrill.com All Rights Reserved.