.

受け取った明細レシート保存義務はあるか??結果を冒頭で言うと所持する必要は特にない。

保管していることにより個人が切った痕跡をとっておきたいという際持っていればよいのだし、逆にそれらのもの無くても困らないということであれば保管する必然性はないのです。

ただ月に一度来る利用明細書類との照らし合わせ作業においてはもれなくこういったレシートが必要となります。

レシートをその時点まで最低限保管しないと、どこの店でいつどのくらいの金額を利用したかがわからなくなってしまうだけでなく、誤植であったりダブりに関する照らし合わせもできなくなってしまうから気をつける必要があります。

クレジットを使用した大きさ利用レシートがない限りは記憶しておくことはできないはずです。

短くても明細書類が送られてくる1〜2ヶ月前後はなくさずにレシートを保管したいものである。

利用レシート廃棄の手段>クレジットの利用レシート処分のやり方は至って単純です。

見ず知らずの人に不正な利用をされないよう、できるだけ小さく裁断して捨てるだけで大丈夫なのである市販の裁断機などが自宅にある場合は念のため利用するほうが良いでしょう。

なんと言ってもカードの使用を証する明細レシートなのだからクレジットカードNo等、機密情報の内容を特定されるものがいっぱい入っています。

ゴミ同然のレシートと軽視せず処分は注意して行うべきでしょう。

尚、今では予防のためにカード番号といった情報が書かれない場合も出てきているようだが、過度な安心は禁物である。

    Link Contents

Copyright (c) 2000 www.briannamerrill.com All Rights Reserved.